Topへ
こころの美術館
職場のメンタルヘルスにお困りの
↓経営者 管理職 人事ご担当者様へ↓
職場のメンタルヘルスについて
職場のメンタルヘルスについて
教職員の皆様へ
こころの健康相談室
Facebook
交通案内

岡山県倉敷市児島駅前1-103
 TEL : 086-472-8877
 FAX : 086-472-1266
 →詳細アクセスマップへ

駐車場40台分の駐車場完備

こころの健康相談室
HOME >>こころの健康相談室 Q & A
ご相談にお答えします
top
ご相談内容

いじめにも、いじめる側の要因といじめられやすい要因が有りますね。 虐待にも双方の要因が有るのでしょうか?

お答えします

学校で、教師が「いじめられる方にもいじめられる理由が有る。」と言ったことで、ひどいバッシングに遭った先生がいますが、当然、いじめる側になるタイプにも、いじめられる側になるタイプが有ると思います。
その双方が出会った時に悲劇が起こり易いのだろうと思います。前項Q&A99の「虐待」を「いじめ」に置き換えて読んでみてくださると、虐待・いじめにもいろいろなやり方があり、虐待・いじめをする側とされる側の原因が有ることがわかります。
昨今話題になっています発達障害児が虐待の対象になることが多いことが分かっております。
また、虐待・いじめを受けながら育った人が大人になって、今度は虐待・いじめをする側になる「負の連鎖」があることもわかっています。
ぜひ 前項Q&A99のスライドの原稿(6・7・8) をご覧ください

----------------
味野医院トップページへ