Topへ
こころの美術館
職場のメンタルヘルスにお困りの
↓経営者 管理職 人事ご担当者様へ↓
職場のメンタルヘルスについて
職場のメンタルヘルスについて
教職員の皆様へ
こころの健康相談室
Facebook
交通案内

岡山県倉敷市児島駅前1-103
 TEL : 086-472-8877
 FAX : 086-472-1266
 →詳細アクセスマップへ

駐車場40台分の駐車場完備

こころの健康相談室
ご相談にお答えします
top
ご相談内容

中学3年生の女の子の母親です。頭痛で大きな病院の脳神経外科を回りましたがどこの医師も異常なし、とのことです。あらゆる保険適応のある鎮痛剤を試してもらいましたが、何一つ効果が有りませんでした。残るは心療内科受診だろうと勧められました。私が若いころに頭痛持ちで低血圧症であったので、似てるなとは思っています。味野医院の予約が取りたいのですが今すぐには対応できないと先日言われ、腹が立っております。如何でしょうか?

お答えします

中学3年生から頭痛が始まった訳ではなく、以前からSOSの発信が有ったのではありませんか?3年生の高校受験を気にするようになってから、バタバタと味野医院受診の予約を取りにお電話がかかって参ります。

 本人の登校できない理由が頭痛にしても、過呼吸発作にしても、顎関節が痛いにしても、また持続時間が午前中だけ悪い方から、一日中頭痛が絶えないと言う方まで様々ですが、初診時のどの親子も大抵共通しているのは、慌てているのは親のほうだけで、ご本人のお子さんは中学生ともなると、何となく他人事の様子で、苦しく登校の出来ないのを辛そうにはされているものの、焦っている母親を観察しているように私には感じることが多いです。お薬を合わせたら痛みがすっと落ち着くとはとても思えませんが、親の方は受験がこのままでは上手くいかない、行ける高校が無い、と緊急事態の形相です。

 申し訳ございませんが、ここまで来た道のりを考えて、主症状に翻弄されないで、本当の子供の心に寄り添っていかねばならない事のように思います。子供の症状は、ほとんどの場合が、親の考え方や態度の変更を迫っていることが多いように思います。その見直し作業のお手伝いをするのが私どもの仕事だと考えております。そういうことでありますから、1週間以内に予約を取りたい、受験生だから、と焦ることが、どれだけの意味が有るのか、でんと構えて取り組むしかないように思います。付け焼刃ではなく、ここをうまく乗り越えた親子には、厳しい高校生活も乗り越える信頼感の力が育って来ると思います。
過去の掲載のQ&A11,16,21,47,48,91もご覧ください。

bottom
----------------
味野医院トップページへ