Topへ
こころの美術館
職場のメンタルヘルスにお困りの
↓経営者 管理職 人事ご担当者様へ↓
職場のメンタルヘルスについて
職場のメンタルヘルスについて
教職員の皆様へ
こころの健康相談室
Facebook
交通案内

岡山県倉敷市児島駅前1-103
 TEL : 086-472-8877
 FAX : 086-472-1266
 →詳細アクセスマップへ

駐車場40台分の駐車場完備

こころの健康相談室
ご相談にお答えします
top
ご相談内容

味野医院は土曜日も祝日も1時まで診療の予約を取ってくれるということで、受診させていただきました。しかしその分150円の加算がされていました。どういうことでしょうか?

お答えします

待合室・廊下にその後説明を掲示いたしておりますが、平成20年から国が決めた保険診療報酬で、一般診療時間からはみ出た診療時間に対して、「夜間6時以降」「土曜日13時以降」「日曜日・祝日」を対象として、1件につき500円加算(1割の方は50円、3割の方は150円)を決めました。これは、夜間救急病院の医師・医療スタッフが疲弊して倒れるほどの状況なったことに対して、国が手を打って、夜間休日診療をする医療機関を増やそうと考えたもののようです。確かに、昼間から熱が出ているのに、夜間救急のほうが待ち患者数が少ないから夜救急受診しよう、などというとんでもない受診の仕方をする一部の人たちのせいで、夜間・救急医療の現場は疲労困憊しております。

当院では、加算が認定される以前からその時間帯も診療をしてきました。毎年1歳ずつ老化しているわが身ではございますが、それでも、まだ当院にはマンパワーと、まだ消えない情熱がいくばかりか残っております。明日の日の自分の健康も分からない生身なのは医者とて同じですが、体力と気力の許す限り、精一杯の仕事をさせていただきたく思っております。

健康保険制度、診療報酬についての関連はQ&A.55を参照ください。Q&A.52のモンスター患者さんの話にもつながりますが、諸外国よりも安価で沢山の診療をしている日本の医師に向かって、「もっと自分だけ良く診ろ、早く診ろ、待たせるな、深夜でも日曜日でも救急で診ろ、誤診は許さぬ、訴えるぞ、ベッドが無くてもたらい回しせずに診ろ」と脅そうがわめこうが、もうこれ以上はできません、というところまで来ているように思います。モンスターペアレンツによって教育現場から撤退していく教師も増えています。どうか医師たち・医療機関スタッフたちを医療現場から逃げ出させることのないよう、ご協力をお願い申し上げます。

bottom
----------------
味野医院トップページへ