Topへ
こころの美術館
職場のメンタルヘルスにお困りの
↓経営者 管理職 人事ご担当者様へ↓
職場のメンタルヘルスについて
職場のメンタルヘルスについて
教職員の皆様へ
こころの健康相談室
Facebook
交通案内

岡山県倉敷市児島駅前1-103
 TEL : 086-472-8877
 FAX : 086-472-1266
 →詳細アクセスマップへ

駐車場40台分の駐車場完備

こころの健康相談室
ご相談にお答えします
top
ご相談内容

50代の女性です。進学塾の講師をしています。講義中に声がかすれたり、喉に痰が引っ掛かる感じがして咳払いをよくするようになってきました。耳鼻咽喉科を3軒受診しましたが、いずれでも異常なしとのことでした。こんな場合はやはり心療内科を受診すべきでしょうか?

お答えします

口の中や喉(口腔・咽頭・喉頭部)は外部から人間の体内に異物を取り入れる部分ですから身を守るために大変敏感にできています。そこがストレスで過敏になり過ぎると弊害がでてきますね。しかし神経過敏とすぐ決めつけないで念のため、内科にも受診され症状をおっしゃって下さい。安心のため胸部レントゲン検査や、甲状腺検査などもしていただけると思います。その後きっと心療内科をご紹介いただけると思います。

私も何を隠そう、自分の唾液分泌の多さにおぼれそうになったり、唾液が出ずにカラカラになって喋ることができなくなったりしたことがあります。ひどい時は、喉がムズムズ、イガイガしてエヘン虫のいるような状態で咳き込んだり、喉がキューッと絞るように狭くなって(呼吸困難になりそうでならないのですが)会話ができなくなったこともあるのです。診察中のことで、患者さんから背中をなでなでしてもらったり、水を飲む時間をいただいたり・・・・悲惨な姿を露呈したのです。もちろん耳鼻咽喉科で診ていただき「あなたのご専門の病気のようですね。御覧のようにカメラでも何ら異常を認めません。少しお疲れですかね。」とやさしく言っていただいたことがあります。もうそれだけで半分は治るのですが、いまひとつ治りの悪い方は、心療内科 味野医院にご来院下さい。

bottom
----------------
味野医院トップページへ