Topへ
こころの美術館
職場のメンタルヘルスにお困りの
↓経営者 管理職 人事ご担当者様へ↓
職場のメンタルヘルスについて
職場のメンタルヘルスについて
教職員の皆様へ
こころの健康相談室
Facebook
交通案内

岡山県倉敷市児島駅前1-103
 TEL : 086-472-8877
 FAX : 086-472-1266
 →詳細アクセスマップへ

駐車場40台分の駐車場完備

こころの健康相談室
ご相談にお答えします
top
ご相談内容

夫が大変苦しい気持ちで出勤できなくなり、「今日休んでいるので、今日の予約を取りたい。」と味野医院の予約専用電話に電話しましたが、「申し訳ございません。 今日は予約の患者様で一杯のため 今日のご予約はお取りできないのですが・・・」と言われてしまいました。診療拒否になりはしませんか!苦しい時に診ないのが医者のすることでしょうか!私に代わって夫自身も電話に出ましたが「すみません」の対応ばかりで頭に来ました。

お答えします

緊急を要すと考えられる場合には、味野医院でもそれなりに無理をして予約受付をさせていただいております。しかし連休の前後などは特に厳しい時間制限になっており、皆様にご迷惑をお掛けしています。「既に予約を取っておられる大人しそうな方に対して、こちらからお断りし、図々しくゴネ・すごむ人を予約に後から入れ込む」と言うことが正しいとは、あなたも思われませんでしょう?

どの仕事にも通じると思いますが、自分の能力・請負可能な範囲で仕事は受けるべきものです。医療機関に対して「たらいまわし」「診療拒否」と言う言葉を使って脅してくる方がいますが、できないものは出来ません。すみませんとしか申し上げられません。無理難題を吹っ掛けて医療関係者を傷付けるモンスター・ペイシャントにつきましてはQ52,Q53,Q74に関連がございます。あなたはモンスターであることを自覚なさるべきではないでしょうか。この電話対応をすることになった医療スタッフも随分傷つくことも、お勤めしている方なら理解いただきたいものです。

幼い時から暴力を受けて力の怖さを知っている人や、十分な優しいお世話を受けられずに育った人は、他人に対してやられたことをやり返す「力により相手を支配しようとする」ようになります。ですから、あなただけが悪いのでは無いのかも知れません。この悪の連鎖を断ち切るためには、やはり「暖かく受け止められる体験」が必要です。医療者側も小突かれた相手になかなか優しくなれませんが、せいぜい頑張る覚悟でやっております。患者・医療者の良い出会いでスタート致したいものです。

bottom
----------------
味野医院トップページへ