Topへ
こころの美術館
職場のメンタルヘルスにお困りの
↓経営者 管理職 人事ご担当者様へ↓
職場のメンタルヘルスについて
職場のメンタルヘルスについて
教職員の皆様へ
こころの健康相談室
Facebook
交通案内

岡山県倉敷市児島駅前1-103
 TEL : 086-472-8877
 FAX : 086-472-1266
 →詳細アクセスマップへ

駐車場40台分の駐車場完備

こころの健康相談室
ご相談にお答えします
top
ご相談内容
私には3人の子供がいます。一番上が小学5年生、下が2年生と年長組さんです。夫との5人暮らしで、気兼ねする舅・姑はいませんが、そのかわりにパートに出る日の援助も受けられません。パートから帰宅したら、夫はゲームなんかをしていて、家事はなにひとつ助けてはくれません。「男の仕事は、女のパートとは違うんだ、疲れてるんだ。」と言うのです。「夕飯の用意が遅いのはお前の能力が低いからだ。」とも言われ、そうなんだなと思います。しかしこの頃パートを終えて帰宅してバタバタ家事をしていたら訳もなく涙が出てきて止まらなくなって、胸苦しさも出てきました。こんなことで受診するのはダメですか?
お答えします

私にも、子育てと仕事の両立がうまくいかずに苦しんだ経験がございます。この質問を読んでいるだけで、当時の悩み・苦しみがよみがえってきて私まで涙が出てきます。男女雇用均等、男女平等、男女共同参画・・・そんな言葉は、子育て真っ最中の女性にはむなしく耳に届く日々ですね。同じ人間でも、男と女は異生物ではないかと感じることが多々ございますよ。そういった意味で、「同志」としてお話を聴かせていただけると思います。ここを切り抜けますと、男やら社会やらが違って見えてきますよ。

bottom
----------------
味野医院トップページへ