Topへ
こころの美術館
職場のメンタルヘルスにお困りの
↓経営者 管理職 人事ご担当者様へ↓
職場のメンタルヘルスについて
職場のメンタルヘルスについて
教職員の皆様へ
こころの健康相談室
Facebook
交通案内

岡山県倉敷市児島駅前1-103
 TEL : 086-472-8877
 FAX : 086-472-1266
 →詳細アクセスマップへ

駐車場40台分の駐車場完備

アクセス
HOME >> 医療連携のご案内
心のケアについて

日頃から身体病を主治医である先生に診ていただき、気軽に何でも相談できる信頼関係を持っている患者さんは大変幸せです。嫁姑関係の悩みがあったり、大きな手術のあとの 苦しみがあったり、介護せねばならない配偶者やお年寄りが家に居たりすることを、先生に十分理解していただきながら、高血圧症・糖尿病や胃潰瘍・胃癌・大腸癌・腰痛症・脳 梗塞・歯科的・耳鼻科的な治療をしていただけているのですから。

先生の前で何気なく口に出される、よくある訴え(不眠、疲れやすさ、頸肩こり、頭重 感、動悸、めまい)でさえも、初めて受診するなじみのない病院・クリニックではこれを 患者さんからはなかなか訴えることはありません。患者さん自身が、これをうつ病・うつ状態の大きな症状だとは自覚されていないためです。

かかりつけ医の先生におかれましては、不定愁訴に対する必要な諸検査・治療をしていただけておりますので、先生の御判断を超えて症状だけが長引く時には、何卒心療内科へのご紹介を賜りますようお願い申し上げます。

当院では、貴科的な継続的治療が必要な場合には当然その治療は先生にお願いしていただきながら、心療内科・精神科領域についての併診をさせていただきたく存じます。


心のケアについて

いきなり唐突に心療内科・精神科への御紹介はあり得ないと思います。その5人に1人はうつ病・うつ状態などの発症である可能性をお疑い下さい。そして現時点では発症していなくとも、将来3年以内の発症の可能性をお考え下さりながらの継続的ご診察が提唱されているところでございます。

精神症状(不安・ゆううつ感・意欲や気力の低下・何をしても楽しくない・生きている意味が分からないなど)はこちらから聴き出す診察をしない限り、患者さんからの訴えは無いものとご理解いただき、「親しき仲にも突っ込んだ聴き出し」をよろしくお願いいたします。

安易な睡眠薬の御処方は我々心療内科・精神科医も慎むよう心掛けているところです。 不眠症に対しての鑑別を行うことも必要だと考えております。

  • 睡眠時無呼吸症候群
    耳鼻科的およびプライマリケア的診断が普及いたしました。
  • 睡眠関連運動障害
    レストレスレッグス症候群(むずむず肢)、周期性四肢運動障害の治療も神経内科のみならずプライマリ的にも進んで参りました
  • 身体疾患による不眠
    痛み・かゆみ・鼻づまり・気管支喘息の発作などに対する基礎疾患の治療がまず必要
  • 治療薬による不眠
    処方内容・服用のタイミングの検討が必要
  • 精神疾患による不眠
    うつ病・うつ状態、不安障害、適応障害、統合失調症、躁うつ病などの鑑別が必要
  • 概日リズム睡眠・覚醒障害(体内時計のずれ)
    体内時計の遅れ…高校生〜一般に多い
    体内時計の進み…高齢者に多い
  • 睡眠に対する生活のまちがいが無いかの検討
    軽い睡眠薬では改善されない場合や、多剤の要求のある患者さんに対しては睡眠に関する生活指導を要します。認知行動療法的アプローチによる睡眠制限法も有効です。

対応に苦労なさる患者さんは、どうぞ心療内科・精神科にご紹介ください。併診になることを患者さんにお話しいただいて紹介状をお持たせ下さい。患者さんにとっては、主治医と繋がっている安心感を持っての受診になると思います。

心のケアについて

心療内科・精神科疾患の患者さんの90%は他科にまず受診されています。

他科受診されても、まず不眠の訴え・精神的な訴えはされません

先生の御経験に基づかれる「いつも診る患者さんとは何かが違う勘」も含めて、 治療経過が芳しくない時には心療内科・精神科的疾患をお考え下さりご紹介をお願いいたします。他科との連携診療は心療内科・精神科医師の得意とするところでございます。


心のケアについて
  • 頭痛
  • 背部痛
  • 腰部痛
  • 筋肉痛
  • 腹痛
  • 膀胱・陰部痛
など、痛みの場所があちこち移動することもあります。

(文献air.J.et.al:Arch.Intem.Med2003)
心のケアについて

(文献 尾崎紀夫:「こころ」と「からだ」について精神障害と身体疾患との関係、現代医学2004)


当然ではありますが身体病をもった方の方が、もたない方よりもうつ病・うつ状態になるリスクは増えております。

「病気が有れば、くよくよするのは当たり前」とお考えになられず、うつ病・うつ状態ではないかということを念頭にご診察ください。

うつの治療により、思考が前向きになり、基礎疾患に対する治療意欲が増し、痛みなど が軽減し、基礎疾患の病状事態が良くなることもしばしば経験致しております。

心のケアについて

他科を受診される初期の精神疾患の患者さんが訴えられることの多い症状は、自律神経症状です。
すなわち頭痛、めまい、倦怠感、微熱、寒気、動悸、発汗、胃部不快感などです。 先生が今までお持ちの精神疾患の方々のイメージを刷新していただきたいと思います。

  • うつ病、うつ状態、躁うつ病などの気分障害
  • 不安障害
  • 適応障害
  • 統合失調症あるいは妄想性障害などの精神病圏の方
  • アルコールや薬物の離脱症状
など
心のケアについて

目や耳や鼻や口は非常に繊細な感覚器官ですので、敏感でいろいろな症状が出やすい場所です。
原因疾患を鑑別された後は、精神疾患にもご配慮ください。

  • 頭痛・頭重感
  • 耳鳴り
  • 眩暈
  • 口腔異常感……虫歯が無いのに痛い、イガイガ感など
  • 舌痛症
  • 味覚障害
  • 咽頭・喉頭異常感症……イガイガ感、異物感、喉の狭窄感など
  • 後頸部・顔面のしびれ感・凝り・痛み
など
心のケアについて

現在、紹介の明確な基準はありませんが、下記のような症例につきましては当院専門医にご紹介ください。先生のご治療中の身体病につきましては引き続きの御高療をよろしくお願い申し上げます。なお、自殺念慮が強く疑われる場合には入院可能の精神科病院にご紹介ください。

  1. 診断に迷われる多彩な愁訴がある症例
  2. 症状の遷延化・難治性、不安・焦燥の強い症例
  3. 抗うつ剤を2回目変更しても奏功しない場合
  4. 抗不安薬や睡眠剤が2剤以上に増えた多剤併用症例
  5. アルコール依存・不安・強迫・パニック障害・妄想性障害などの合併症例
味野医院トップページへ